マーベルドラマ『ロキ』第3話感想|似て非なるもの?なの?

スポンサーリンク
ロキ3話 海外ドラマ
出典元:ディズニープラス公式サイト

ディズニープラスで配信中のマーベルオリジナルドラマ『ロキ』。

何度でも言いますがマーベルに特に詳しいわけでもないので、解説・考察みたいなことは出来ません。
単なる備忘録的な感想文ですので悪しからず。

それでは第3話の感想文です!

 

ここまでの感想はこちら↓

 

スポンサーリンク

第3話『ラメンティス』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

 

ラメンティス1号星

前回ようやく姿を現した逃亡する変異体、女ロキ。

タイムキーパーの居場所を聞き出したところで男ロキが追ってきたので、どこでもドアで逃亡。
そして男ロキも追いかけてどこでもドアの中へ。
ここまでが前回。

女ロキはタイムキーパーがいるという金色のエレベーターまでたどり着くが、男ロキに阻まれ&タイムパッド(タイムトラベルできる端末)を奪われたりしながらのすったもんだがあって、2077年の「ラメンティス1号星」という星へタイムトラベル。

この星はタイムパッドに登録されている中でも最悪の大災害が起きる星らしく、惑星の衝突で星ごと崩壊するとのこと。
誰も逃げられない。
そして運悪くタイムパッドの充電が無くなり使用不可に。

 

ロキ&シルヴィ

さてどうしたもんか、ってことで2人は協力してタイムパッドをチャージできる電力を探しに行くことに。

ちなみに女ロキの名は『シルヴィ』って言うそうです。
でも別次元のロキってことには違いないんですよね?
なぜ見た目が違ったり能力が違ったりするのかは分からないんですけども。

てなことでチャージ電源を探していると「箱舟」の情報を手に入れるロキ&シルヴィ。
星が崩壊する前に箱舟と呼ばれる宇宙船で逃げるのだとか。
そんなドデカイ宇宙船ならタイムパッドのチャージ電源を確保できる!ってことで箱舟に乗り込むことに。
チケット持ってないと乗れないとかで、魔術とか使いながらなんとか侵入成功。

で、せっかく箱舟に乗り込めたのにロキが酒飲んで調子に乗って船員に怪しまれて戦闘に。
ロキは何がしたいの?
本当にただ調子に乗っただけなのか、何か裏があるのか。
まったくロキの狙いが読めないんだけど、戦闘の最中にロキは箱舟から放り出されてシルヴィもタイムパッドを追って一緒に下車。
ってかこれは箱舟じゃなくて、箱舟に向かう列車なのか。

 

絶体絶命

放り出された衝撃でタイムパッドを壊してしまうロキ。
これでチャージとかの問題ではなくなってしまう。
そしてシルヴィ、イライラMAXで絶叫。ロキ、ドン引き。
シルヴィいい!!

絶望するシルヴィでしたが、2人で箱舟を乗っ取ってラメンティスから脱出すればいいじゃん!ってことに気づいて、再び歩いて箱舟へ向かうのでした。
道中、お互いの信頼を深める2人。

そして箱舟の発射地点に辿り着くと、最終便が今まさに出発しようとしているところ。
そして惑星も衝突間近。
バッタバッタと敵をなぎ倒し(なぜ戦闘しているのかよく分からないが)箱舟に徐々に近づいていくロキ&シルヴィ。
しかしあと一歩と言うところで隕石が箱舟をブチ抜き、箱舟は崩壊。
これにてラメンティスから脱出する術をすべて失う。

ちんたら歩いてなきゃ余裕で間に合ったのに!!!

ってなところで第3話終了です。

 

次回、第4話『分岐イベント』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました