アニメ『オッドタクシー(ODDTAXI)』第4話ネタバレあり感想|田中革命

スポンサーリンク
田中革命 国内アニメ
出典元:オッドタクシー公式サイト

テレビ東京、Amazonプライムビデオなどで放送&配信中の話題のアニメ『オッドタクシー』

おどろおどろしくなってきた第4話のネタバレあり感想です!

 

第3話の感想はこちら↓

 

スポンサーリンク

第4話『田中革命』感想(ネタバレ注意!)

アニメを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにアニメを観たいという人は先にアニメを観てから読んでください!

 

田中のはなし

田中
出典元:オッドタクシー公式サイト

今回は新たなキャラ「田中」の話。(実は前回一瞬だけ登場しているのだが)

完全にクスリでもキメてるようなやつれてるけど目だけはギンギンな表情で街中を走る田中。
そこから田中の過去の話に遡ります。

小学生の頃の田中。
持たざる者=凡人の田中は、クラス内ヒエラルキーを上げるために当時流行っていた珍しい消しゴム収集に没頭。
お気に入りの「ドードーの消しゴム」で人気を得ようと図るも、同じクラスのもう一人の消しゴム収集家佐藤が金にモノを言わせて次から次へと珍しい消しゴムを持ってくるので人気は佐藤に集まる。
と言うか、そもそもクラスの中心にいるような人たちは消しゴムに興味を持っている様子はなく、ごく一部のクラス内でも下の下の争いなんだけども。

そんな折、たまたまネットで見かけた激レア「笑風亭呑楽消しゴム」。
どうしても手に入れたい田中は父親のクレジットカードをこっそり拝借し、ネットオークションで激しい競売の結果なんと10万円で落札してしまう。
しかし、待てど暮らせど吞楽消しゴムは届かず、騙されたことに気づくころには父親に勝手にカードを使ったことがバレてボコボコに。

それ以降、他人との争いを避けるようになった田中。

 

再燃

大人田中
出典元:オッドタクシー公式サイト

時は経ち、ゲーム会社に就職した田中。
他社のゲーム調査のために無料アプリをいくつかプレイしているうちに「ズーデン」というアプリにハマる。(ホモサピエンス馬場がプレイしていたゲーム)

その中で出てくる激レア動物「ドードー」、そしてランキング1位に君臨する「ditch-11」は奇しくもあの時ありもしない呑楽消しゴムを10万円で売りつけたアカウントと同じアカウント名。
これはもはや運命。
ここで何かが弾けてしまった田中は課金沼に。

現在すでに500万円以上課金をしている田中。
ランキングはditch-11に少し近づいたものの、未だドードーは手に入れられず。
プレイから4年が経過したある日の仕事帰り、いつもの惰性で課金して引いたガチャ。
ついに念願のドードーをゲット!!

この4年、いやあの10万円を騙し取られてからの16年間の雪辱がついに晴らせた!と号泣して喜んだ矢先、猛スピードで走る小戸川のタクシーが。
前回、白川さんのもとへと走るときの小戸川。

タクシーを避けたはずみでスマホがドブ(ヤクザじゃない側溝のほう)に落ちて水没。
スマホショップでデータを修復してもらうも、ドードーのデータはバックアップがとれておらず。

完全にぶっ壊れる田中。
そして時を同じくして、小学生の時から飼っていたインコも死んでしまう。
絶望で放心状態になった田中は公園にインコを埋めに行く。

穴を掘っていると何と拳銃を掘り当ててしまう。
これも前回、ドブ(今度はヤクザのほう)が小戸川のタクシーを降りた後に隠した拳銃。
これは天命だと受け取った田中は拳銃を持って街を練り歩く。
小戸川を殺すために。

そしてついにというか以外にもあっさり小戸川のタクシーを発見。
冒頭の完全に逝ってしまった必死の形相でタクシーを追いかける田中。
小戸川のタクシーのナンバーをしっかり見たところで追いかけるのをやめ、ニンマリと不敵な笑みを浮かべる田中。

ってなところで第4話は終了!
この話はどこへ向かっていくのか?!

 

次回、第5話『アイドルなんて呼ばないで』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました